2009年10月22日

お豆腐屋さんの とうふレシピ






私の目標のひとつに、
豆腐料理のレパートリーを増やしたい、とというのがある。

なんせ安い。
これを多用できれば家計がだいぶ楽になるとはずなのだ。

また、最近ではお店に並ぶ豆腐の種類もずいぶん増えたし、
あれこれ迷うのもまた楽しい。

この本では、豆腐のレシピが150種類も紹介されている。
どれもオシャレ、かつ簡単。

豆腐がおいしくなるちょっとした工夫もあって、
これもまた、目からウロコの一冊。

まず、豆腐を切るだけの簡単なレシピ。
冷奴だわね。

冷奴には醤油というのが一般的かと思うのだけど、
こればかりだとさすがに飽きる。

この本では、胡桃をフードプロセッサーで粉状にし、
塩とあわせた胡桃塩なるものを紹介してくれている。

すった白ごまと西京味噌、みりん、酒にわさびを加えたわさび味噌。

塩茹でした枝豆をすりおろして出汁と酒を混ぜたずんだペースト。

にんじん、ひじきをイタリアンドレッシングで合え、
豆腐に添えるサラダ。

添えるものを変えてるだけなのに、
いつもの冷奴が料亭のお料理に見えてくるから不思議だ。

淡白な豆腐。これをご飯にあうおかずにするレシピも。

豆腐を揚げて出汁につける、豆腐の南蛮漬け。
豆腐のステーキにはきのこのソテーをあわせたい。

これはぜひやってみたいと思ってるんだけど、
水切りした豆腐を焼いて青海苔をあわせる煎り豆腐。

青海苔はフライパンでほぐしながら焼き、
熱したごま油を少量加えたもの。
これ、ご飯にあわせてもおいしそうだよね。

八杯豆腐というものは、見た目がまるでうどんみたい。
豆腐を長い面から、太いうどんのように切り、出汁で煮込んだもの。大根おろしを添えていただきます。

くりぬいた竹の子に水切りした豆腐をつめて蒸す、
豆腐の若竹蒸し。
豆腐ににんじんやひじきを混ぜると見た目も鮮やか。

春菊、小松菜などの冬野菜と、
油揚げをごま油で合えた油揚げのナムル。

厚揚げと野菜の黒酢炒め。
にんじん、たけのこ、ピーマンなどとあわせて、
八宝菜の豆腐版みたいな感じかな?

しょうゆとみりんにつけたがんもどきをオーブントースターで
さっと焼くだけのがんものつけ焼き。
お酒のつまみにもよさそう。

豆乳を使ったもの、厚揚げを使ったもの、デザートもある。


安い食材をそれと悟らせない豪華な見た目。手間いらず。
しかもヘルシー。

文句のつけようがない。












こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
まぐ2.JPG

★blogランキングに参加しています★


posted by momo at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活、ほっこり系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。