2011年03月15日

やめないよ








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

やめないよ  三浦知良
¥ 777  新潮社 (2011/1/14)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

サッカー選手、三浦和良さんのエッセイ。日本経済新聞に連載し
たコラムをまとめたもの。2006年から2010年まで。

一つ一つも短い文章ながらとてもすばらしい。ブラジル時代のこ
と、ワールドカップのこと、日々の練習のこと、さまざまにつづ
られている。

だけど今日は、冒頭、プロローグの部分を主にご紹介してみたい。

「なんでカズさんは、いつもそんなに高いモチベーションを保っ
ていられるのですか?」

こう問われることが多いのだそうだ。引退はいつなのかと、ほの
めかされることもある。

だが彼は、引退のことなどこれっぽちも考えていない。「カズさ
んらしいタイミングで」と言われることもあるが、そもそもタイ
ミングを図って引退、という選択肢がない。先のことを考えるこ
とは、実はあまりない。

今日も一生懸命、明日も一生懸命。その連続だった。どのチーム
に移籍しても、それだけを考え、今につながっている。

最近は「そんな風に生きてきて、終わりももう近いのかな」と思
うことがある。長年の疲労が、体に蓄積している。使いすぎて削
れてきた、という感じがある。

しかし練習は、若い選手と同じメニューをこなしている。試合で
は90分、フルに戦える体を作ることに専念している。

「試合には10分しか出ないのだから。10分もつ体を作ればいい
じゃないか」

そう考える人もいるかもしれない。だがそんな器用な生き方はで
きない。サッカー選手の仕事とは、試合に出るだけではなくて、
日々の苦しい練習を耐えることでもあるのだ。

試合に出してもらえずに、悔しい思いをすることはある。怒りを
覚えることだってある。だったら苦しい練習なんか、やめてしま
えばいいと思う。特に年をとると、そう思いがちになってしまう。

だけど次の日練習をすると、汗をかいてアイディアがわいて、自
分が再生されるのがわかる。試合に出られない悔しさも含めて、
サッカーを続けられることが楽しい。

そう、楽しいのだ。モチベーションを高く保つ秘訣。その答えは、
楽しいから。その一語に尽きるように思う。

ブラジルにいた頃は、遠征のたびに長時間バスに揺られた。10時
間も、20時間も。みんなでバスに乗って、ご飯を食べて、サッカー
をして。それが楽しくて現役を続けている。

10代の頃から、20代の頃から、気持ちはまったく変わっていない。
そういうことを続けてきたら、25年という月日が経っていただけ
ということ。

2006年、W杯メンバーの選考に漏れた選手についてのエッセイが
ある。ご自身の気持ちについてもふれている。

W杯はサッカー選手にとって、かけがいのないもの。誰もが目指
す高みであるが、それだけがすべてではないと考えている。サッ
カー選手としての職が失われるわけではない、プレイする場所は
まだ残されている。

であれば、その場所でまた一生懸命、上を目指して戦えばいい。
どんな試合からだって、感動は得られるし、与えられる。新しい
チャンスを求めて、まだまだ最後まで。最後まで粘りたい。


カズさんは「今日も楽しそうだったね」と、見ていた人に言われ
たいのだそうだ。といって、楽ばかりを求めているわけではない。

厳しい練習にも耐え、プライドをかけて体を作り、選ばれずとも
腐らず、発奮し、そんなこともすべて含めて「楽しい」と言える
ようになりたい。


実はこのメルマガを書くときに、私は「この本はプロローグだけ
でいい」と、夫がいる前で言ったんだ。すると彼は「それは手抜
きではないか」と返した。

そんなことはないよ。この冒頭の文章に、彼の考え方がぎっしり
つまっている。十二分、感銘を受ける。

新書。なんだか腐りそうになったときに、ぜひプロローグだけで
も、手にとって読んでみてほしい。腐っとる暇なんかないがな、
と、背筋がしゃんと伸びる本。












こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | さわやかスポーツ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。