2011年06月26日

ネットでやって良いこと悪いこと








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ネットでやって良いこと悪いこと   佐藤 佳弘
¥ 1,300  源 (2011/06)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

著者の佐藤さんは大学の先生。IT関連の著作も多い。

その先生が、ネットでしていいこと、悪いことを詳しく解説して
くださっている。見開きでイラストと解説。とてもわかりやすい。

ネットって、便利だけど、決して安全地帯でもないんだよね。実
社会と同じ。何を言っても、しても許される場所ではない。

これからネットに触れる若い方、中学生、いや、小学生の方にも
ぜひ読んでもらいたい一冊だった。教科書にしてしまってもいい
んじゃない、って感じ。

・見逃したテレビ番組をネットで見るのは?

見るのはかまわない。違法ではない。だがそれを投稿すると違法
になる。

録画して私的に楽しむのはかまわないが、共有ファイルとして流
したり、動画サイトに投稿するのはNG。最高1000万円の罰金も。

ただしダウンロードなど、保存をした場合は著作権の侵害にあた
ることもある。それが違法にアップされたものである場合、保存
した者にも罪が及ぶことがある。

・イラスト、画像の落とし穴

最強のネズミ。それはミッキーマウスである。著作権が非常に強
く保護されている。

市販のグッズを楽しむのはよい。だがキャラクターをブログなど
に記載すると、たちまち著作権侵害で訴えられる。あからさまな
マネもいけない。

ディズニーランドのパレードも、撮影はよいが、ネットにアップ
するのは微妙なところ。動画をネットオークションで売って、逮
捕された例がある。

・同級生が著名人に。写真をブログに掲載してもいい?

だめ。肖像権、プライバシーの侵害になりかねない。

有名人の写真はネットにあふれている。だが気軽にブログなどに
貼り付けてはいけない。彼らの写真には商品的価値がある。報道
など、公の機関以外はだめと考えておいたほうがよい。

・ネットでの書き込み。注意すべき点は?

「爆弾をしかけてやる」。しゃべるだけなら冗談で済む。

だがネットに書き込まれると、不特定多数の人の目に触れる。
ネットに書き込むということは、大勢の人の前で、拡声器で話し
ているようなものだと心得て欲しい。

殺害予告、犯行予告は違法である。匿名の書き込みであっても、
素性は簡単に割り出される。横須賀市では、悪質な書き込みをし
て五時間後には捜査員が家にやって来たという事例もある。


気軽に使えるからねー。気づかずにしてしまっていることもある
よね。

たとえば子供会。映画鑑賞会を行う際に、レンタルDVDを使うこ
とは違法なんだそうだ。上映用ビデオを借りなければいけない。

またレストランで、料理を撮影することも違法になる可能性が。
お店側の許可をとっておくのが無難だ。

家族旅行で遊園地に行って、写した写真にキャラクターが写り
こんでいる。これも、ネットにあげるとぎりぎりNG。

一読の価値あり。心得ておくと便利。













こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 01:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学・雑学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
著書を取り上げてくださり感謝します。第2弾にあたる『メディア社会やって良いこと悪いこと』を出版しました。この本も面白いです。ぜひ読んでください。
Posted by 佐藤佳弘 at 2013年05月27日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211855507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。