2006年08月02日

売春論




酒井あゆみさんは、もと風俗嬢だそうで、
いろいろな業界ネタ本を書いています。
他にも、「眠らない女」などの著書があります。

こちらは、今の風俗業界をレポートした本。
酒井さんは、もう引退されているようですが、
ご自分の経験してきた業界と、
今の業界の違いについて書かれています。

バブルが崩壊して、
いろんな会社で成果主義が取り入れられました。

それまでの、人材育成ということは忘れられて、
ひたすら実際の成果だけを追求することがよしとされていました。

そのせいで、今、団塊の世代が退職するときになって、
技術を受け継いだ世代の不在が言われています。

安ければいい、早ければいい、人は少なければいい。

そんな風潮が、風俗界にも現れているみたい。

以前は、女性の「最後の」職業として、働いている人も、
借金などの、簡単には抜けられない理由があった。
それが、風俗に対する意識の変化から、
アルバイト感覚で業界に入ってくる人が多いそうです。

それに対して、お店側がリスクを教えたり、
女の子を守ることがなくなった。

女の子たちは、以前だったら
定期的に性病の検査を受けるのが普通だったそうですが、
今ではそんなことをする店はないそう。

お店を掛け持ちするのが当たり前→以前ではタブーだった
終電を気にする女の子が多い→タクシー通勤が普通だった
面接で落とされることがある→女性であれば就業はたやすかった

最後に、売春は長く続けらる職業か、というテーマがあります。

体力的にも、精神的にも、
リスクが大きいというのが、著者の結論のようです。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG
posted by momo at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 世間話、時事ネタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。