2006年08月03日

リトルプレスの楽しみ 




本が好き。
自分でナニカを発信するのがすき。
そんな気持ちがあふれてる、かわいい、かわいい本です。

リトルプレスの定義とは、
「大手の流通を通さずに個人で発行して販売している本のこと。
企画から製作、販売までのすべてをひとりで、
または数名のスタッフの手で行うことで、
制約にとらわれない自由な本作りが実現する」
ということだそうです。

小さな雑貨屋さんで、カフェで、
手作りで編集されて売られている本。

私は正直に言うと、見たことがないです。
でも、この本を見てると、
欲しいと思うのがいくつかあります。

組み立てるとハコになるタイプの本、
チェコとか、パリとか、
好きな街や国に関することだけを載せた本、
ブックカバーとして使える本。
すいとう帖という、ひもがついてる水筒みたいに持ち歩ける本。

とにかく採算度外視に見えるほど凝ってる。
だいたい、500円から1000くらいのお値段だし。
写真もきれい。

中に、地域密着型の、
地域の情報紹介の本がありました。

私の住んでいる町のものもあったので、探してみようと思います。

こういったミニコミ、リトルプレスを発行されてる方、
購入されてる方、いらしたらいろいろ教えてくださいませんか?



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG
posted by momo at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活、ほっこり系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。