2012年11月28日

「ほめ日記」をつけると幸せになる!







こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

大富豪アニキの教え







こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

置かれた場所で咲きなさい






こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

とらわれない生き方









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

9割受かる勉強法








こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

後悔しない生き方








こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

超訳 ニーチェの言葉







こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

強く生きる言葉







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

強く生きる言葉  岡本 太郎
¥ 1,050  イーストプレス (2003/04)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

TAROの塔が好評だ、ということでな。古いが、斬新。常識を超え
てゆく力がある。

・他人が笑おうが笑うまいが、自分の歌を歌えばいいんだよ。

・何かすごい決定的なことをやらなきゃ、なんて思わないで、そ
んなに力まずに、ちっぽけなことでもいいから、心の動く方向に
まっすぐ行くのだ。失敗してもいいから。

一度失敗したなら、よしもう一度失敗してやるぞ、というくらい
の意気込みでやることが大切なんだ。

すべてのマイナスをプラスの面でつらぬけば、マイナスだと思っ
ているものが、プラスになって転換してくる。

・孤独感を持っているのはキミだけじゃない。人間全部が孤独感
を持っている。

・健康法なんて考えないことが、一番の健康法だ。

・だれでも、青春の日、人生にはじめてまともにぶつかる瞬間が
ある。そのとき、ふと浮かび上がってくる異様な映像に戦慄する。
それが自分自身の姿であることに驚くのだ。

・人生、即、絶対的な闘いなのだ。それは絶え間のない、永遠の
冒険だと言ってもいい。

・自分のほんとうのことをぶちまけて、ぶつかり合って、いい意
味での闘いをする相手のことを、親友というんだ。

・自分らしくある必要はない。むしろ「人間らしく」生きる道を
考えてほしい。

・女性の数は世界中に何千億といるんだ。一人一人の人生があり、
顔があるんだから、これが美人、これがブスと型を決める必要は
ないじゃないか。

そんなことにクヨクヨする暇があったら、もっと君自身、心を輝
かせ、純粋さを顔に出すことを考えた方がいい。

・ぼくはどんなに苦しいときでも、苦しいような顔をしないから、
自由気ままに生きているように見られたね。今までどんなに苦し
い状況にあっても、にっこり笑って悲劇的でありたいと思ってい
たからね。

食えなけりゃ食えなくても、と覚悟すればいいんだ。それが第一
歩だ。その方が面白い。

・目の前にはいつも、何もない。ただ前に向かって身心をぶつけ
て挑む、瞬間、瞬間があるだけ。

・面白いねえ、実に。俺の人生は。だって、道がないんだ。だか
ら僕は「本職は人間だ」と答えてやるんだ。

・ぼくは君の心の中に実在している。疑う必要はいっさいないさ、
そうだろう。


岡本太郎さんの自伝だったか、そういうものを読んだとき、太郎
さんのお母さんが言った言葉が実に印象的だった。

太郎さんが風邪をひいたとき、看病を一切しなかった母、かの子
さん。太郎さんがそれを責めると「だって、汚い太郎さんは嫌い
なんだもの」と答えたのだそうだ。

なんというか、自由だね。呆気に取られるほど、常識が通じない。
いっそ壮観、爽快。

身を切られるように孤独であり、自由である。個として強くある
ヒントが、あるような気がする。








こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

うまくいかない自分から抜け出す方法








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うまくいかない自分から抜け出す方法  大川内 麻里
¥ 1,470  かんき出版 (2010/3/17)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「素直になりなさい」 こう人に言われて、あなたはどんな風に
受け取りますか?

「自分に素直に、自由にふるまっていいんだ!」と考える人と、
「人に素直に、従順に振舞えということだな」と考える人がいる
のだそうだ。

ポジティブになろう、がんばろうと思っても、ささいなことで失
敗してしまう人、しかもその失敗を何度もくり返してしまう人は、
自分の心の奥をもう一度、見つめ直すと楽になれるかもしれない。

「交流分析」と呼ばれる考え方を、とってもわかりやすく紹介し
たもの。人の心を5つのパーツに分けて、心の構造を知ろうとい
う学問だ。

自分の心の動き、他者の心のありよう。そういったものを冷静に
見ることで、人間関係や人生をよくしようと語っている。

人の心には5つの要素があるようだ。

CP 父 ○○しなければならない、が口癖。道徳に厳しく、責
めるような考え方をする。

NP 母 面倒見がよく、他人に優しい。程度を過ぎるとおせっ
かい、過干渉になる。

FC 自由な子供 感情を優先する。自由奔放、わがままである
が、想像力が豊かでもある。

AC 人の顔色を伺う子供。従順で協調性があり、引っ込み思案。

A 大人 論理的。上の四つと違い、感情に支配されることがな
い。冷たい人にも見える。

これら5つの要素の強弱で、性格が分かれる。厳格で人を責めが
ちな人は、他に比べてCPの要素が強いといえる。NPとFCが
高い人は、楽天的で人懐こい性格であることが伺える。

本書では、自分がどのタイプに当たるかの診断項目がある。それ
をした上で、低い要素を高めていくことが、うまく生きてゆくコ
ツなのだそうだ。

もちろんそのやり方も記載されている。自分の欠点を客観的に見
て、対処できるように、ちゃんと配慮がされている。

人に対するときも、この要素での判別が使える。たとえば上司な
どが、CPの要素で接してきているとき、ACで対応するのが一
番スムーズだといえる。

「ラーメン食べに行こうよ!」と、友達がFCの顔で言ったとき
は「行こう、楽しそう!」と、あなたもFCで応じてあげよう。
「君に合わせるよ」などと、ACで応じると感情の阻害が生じる
ことになる。ちょっと、寂しさが残る。

また人は、NPを装いながらCPの感情を押し付けてくることも
ある。本音と建前が違う、そういうことが往々にしてある。

「あなたのためを思っているのよ」、言葉自体は相手を案じるN
Pであるが、本音は相手を思うままにしたいCPのそれである。

そのような、隠された本音とコミュニケートする方法も説明され
ている。


著者の方は、恋愛において苦しい思いばかりされて生きてきた。
その原因を探ることが、本書を書くきっかけになった。

また、親が子にするコミュニケーションの間違いも多く取り上げ
られている。根拠のない不安や、度重なる失敗の原因が、実は成
長段階において植えつけられた「縛り」である場合も多い。

読んでいて、ちょっと怖くなる場面もあった。自分自身を省みて、
だ。

しかし面白かった。筆致は誠実。安心して一読をおすすめできる
本であると思う。

ちなみに、冒頭に書いた「素直になれ」の云々。自由に振舞おう
とするのがFC、従順であろうとするのがACの考え方だそうだ。






こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

ナイチンゲール 心に効く言葉








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ナイチンゲール 心に効く言葉 フローレンス・ナイチンゲール
¥ 1,260  サンマーク出版 (2010/3/19)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

子供の頃読んだ絵本には、ナイチンゲールさんは天使のような優
しいお顔で描かれていた。看護師の仕事を始めた方なのだという。
お気持ちの美しい、たおやかな方だと考えていた。

だがそれだけではないらしい。彼女自身「クリミアの天使」と呼
ばれたことについて、こんな言葉を残しているのだそうだ。

「天使とは、美しい花を撒き散らす者ではない。苦悩する者のた
めに戦う者のことだ」

彼女はその生涯において、さまざまな戦いを演じ、勝ち抜いた。
看護師の地位を向上させ、戦場における衛生観念を徹底させ、婦
人問題についても言及することがあった。

上流階級の令嬢である。自分の願いをかなえるために、知識や教
養、人脈を大いに活用した。実に冷静な実務家であったのだ。

本書はそのナイチンゲールさんが残した著作から、いくつかの言
葉を抜粋し、まとめたもの。シビアで考えさせられるものが多い。

・りっぱな女性であるためには、つねに向上していなければなり
ません。よどんだ水も、よどんだ空気も、遅かれ早かれ腐敗して、
使い物にならなくなります。

・善良な自分でいるために必要なのは「どんな環境にあっても、
自分で念じさえすれば善良でいられます」と言うことではありま
せん。

体に悪い環境の場所に行かなければならなくなった人は「どんな
気候のところでも、健康でいようと思えば健康でいられます」と
は言いません。よい環境を整えられるよう、手を尽くすはずです。

いかなる環境においても善良でいられるという考えは、下水溝の
上に住んでいても、健康でいられるだろうと考えるようなもの。
最善を尽くして、自分が善良でいられる環境を整えましょう。

・「憎む」ことによって、私たちが向上することはありません。

・円滑にものごとが進む体制に不可欠なのは、全員が、ほかの人
の仕事を妨げるのではなく、助けるような形で自分の仕事をする
ことです。

・責任者の立場にある者は、言葉でわからせるよりも、自分の存
在から感じ取らせることが大切です。

自分を「こんな風に見せよう」とせず、隠し事もなく、寡黙で思
慮深さにあふれている、そんな一本筋の通った人生の持つ静かな
力で、騒々しい議論などせずに責任者の勤めを果たすのです。権
威を行使しながら、そう見せないことが大事なのです。

・これから師長になる人は、配下の女性の主人でもなく召使でも
なく、友とならなければなりません。

私が目下の者にきつくあたることは、彼らが私にそうするよりも
罪が重いのです。人を踏みつけにするような態度を取りながら、
人を治めることは誰にもできません。


特に最後の「人の上に立つ」の章などは、現代にも通用するリー
ダー論だと感じられた。

けっこうキビシイ。だがそれは、著者自身にも向けられたものだ
から、読み手としてはただ脱帽、感心するほかすべがない。

部下を抱える女性の方に、特におすすめ!













こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

絶対の自信をつくる3分間トレーニング








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

絶対の自信をつくる3分間トレーニング  松尾 昭仁
¥ 1,365  あさ出版 (2011/1/17)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

滝に打たれましょうだとか、心頭滅却いたしましょうだとか、そ
ういう難しいことが一切ないのがありがたい。

実に今、たった今、できることばかりを集めた「自信がある自分」
の作り方。

・それは自意識過剰なだけ
髪を切った女性から、あれこれ髪型のことについて、尋ねられたこ
とはないだろうか。問われたあなたは「そんなことどうでもいいよ」
と思ってしまうに違いない。

人は他人のことに、それほど関心を持ち合わせてはいない。人の目
はそんなに気にしなくてよい。

・負ける戦をしてはいけない
イチロー選手が、サッカーをしているところを見たことがあるか?

多くの人は、サッカーもテニスも野球も、すべてこなそうと考えて
いる。そうでなければならないと思っている。だが社会で成功して
いる人は、総じて一つの分野にしぼって努力した人だ。

・身だしなみを整える
靴をきれいに磨く。思い切って、セミオーダーのスーツを作ってみ
る。いい時計を持つ。爪をきれいにする。面談前には歯を磨く。

簡単にできること。やってみると効果は高い。

・「すいません」は禁句
代わりに「ありがとう」と言おう。マイナスのニュアンスがプラス
に転じる。言うほうも聞くほうも、プラスのほうが楽しくなれる。

・話を「聞く」だけで自信がつく
初対面の相手と。以下三つのネタふりで、仲良くなることができる。

出身地、幼い頃の話、親をほめる。

生まれた場所、子供の頃の思い出。こういった、プライベートの話
ができると、親近感が生まれやすくなる。親をほめるということに
ついても、嫌がる人はそういないと思うので、効果のほどが期待で
きる。

・「苦手な人」があなたに自信を与えてくれる
まずはじっくり、三分間話を聞いてみよう。聞き役に徹すること。
すると案外共通点が見つかるものだ。

人は知らないものを怖がる。無知からくる恐怖をなくすのが大事。

また、苦手な人の存在は、自信を失わせる原因になる。だから苦手
な人とも親しくなって、自分に余裕を持つことが大事。

・憧れの人を「TTP」してみる。

TTPとは、徹底的にぱくる、の略。

成功者のまねは徹底的にしよう。成功者のまねを続けていると、成
功者のエッセンスが身に着く。成功への近道となる。

・異業種の友人が、あなたに自信をもたらす。
広く浅い知識でも、ビジネスの世界ではおもしろいネタになること
がある。業界の慣習にとらわれることもなくなる。

思わぬアイディアは、他業種の知人から得られることも多い。

・小さくてもいいので、コミュニティのリーダーになる。また、小
さい世界でいいので、ナンバーワンになってみる。

ニッチな世界でとりあえず一番になろう。自信もきっとついてくる。


まああれよ、自信は多すぎてもだめだが、少なすぎてもやっぱり辛
いものだしね。ありのまま、いばらず腐らず、等身大でいたいもの。

最近うつむきがちだなあ、と思う方へ。










こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

本気になればすべてが変わる







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本気になればすべてが変わる  松岡 修造
¥ 1,500  文藝春秋 (2009/03)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こ、この本は出色。アスリートの自著ということで、正直、あま
り期待はしていなかった。修造さん、まじ、ごめん。暑苦しい根
性論じゃねえの、なんてうがった見方をしていた自分が恥ずかし
い。ごめんなさーい!!

自己啓発書。テーマが一つ提示され、それぞれに修造さんが解説
を加えるという、自己啓発書の黄金パターンに乗っ取って作られ
ている。

提示されているテーマの中には、凡庸なものも少なくはない。ネ
ガティブワードは避けようだとか、楽しむ気持ちを忘れずにだと
か。

しかし解説が深い。実に冷静だし、ご自分の体験をもとにしてい
るので異様に説得力がある。また、世界的なテニスプレーヤーと
して活躍したからこそ、言えることも多くあり、話が個性的なの
も魅力。

修造さんは日記をつけておいでだ。この日記のおかげで、自分を
客観的に見ることができる。過去の失敗も振り返ることができる
ので、対処法も見つけやすい。同じ事をくり返さずに済む。

自分の状態を把握するために、現役時代はストレスチェックを日
記で行っていたそうだ。

ストレスになる項目を10個、決めておく。練習時間、強度、試合
量、プライベートのストレスなど。

そして、それをリカバリーできると思われる項目も10個用意する。
睡眠時間、昼寝、動的休養(ウォーキングなどの楽しくできる軽
い運動)、静的休養(読書、音楽鑑賞など)。

松岡修造さんと言えば、いつも暑い、蒸し暑い印象がある方だけ
ど(ほんまごめんやで!)、実に冷静によいコンディションを保
つ方法を考えておいでだったということのようだ。

彼はそもそも「頑張っている自分」を格好悪いとは考えないのだ。

最近、熱血とか、一生懸命とか、そういう言葉をネガティブな意
味でとらえる人がときどきいる。確かに、努力が報われるとは限
らないし、要領よく生きるほうが楽に見えるかもしれない。

でも、一生懸命な人の姿は格好いいものだし、周りの人にパワー
を与えることもできる。第一、頑張らない生き方もつまらないじゃ
ないか。

やってらんないよと思うとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつ
ぶやいてみたらどうだろう。頑張ってる自分、けっこう好きにな
れるんじゃないだろうか。

しかし修造さんにだって、テニスから離れて遊びの道に迷いこん
だことがある。学生時代、麻雀にはまってしまったことがあるの
だ。そのときは、犬が吠えても「ロン」と聞こえた。

しかしあるとき、このままでいいのかという疑問が脳裏に浮かん
だ。こういうときは自分の声に素直に耳を傾けてみるべき。

自分がやりたいことというのは、なかなかつかみづらいものかも
しれないけど、日記を書いたりしていると、ぼんやり浮かび上
がってくることがある。その気持ちを忘れないように。自分の声
に従おう。

修造さんは麻雀漬けの毎日から足を洗い、再びテニスに打ち込み
始めた。守りから攻めの姿勢に転じることができた。過去の過ち
なんか悔いても仕方がない。過去があるから現在の自分がある。
遅すぎることなんてないのだから、いつも前向きに。


緊張したときは「自分は今、本気で頑張っている(だから緊張す
る)」と考えよう。記憶したいことがあるときは、脳がぶるぶる
震えるイメージを持とう。記憶が定着しやすくなる。

決断力を養うトレーニング。レストランのメニューは5秒以内に
決めよう。周囲と摩擦を起こさないうまい「ノー」の言い方を覚
えよう。


とにかくいろいろ、ちょっと信じられないくらいがっつり読みふ
けってしまった本だった。おすすめ!

この本、ある方にご紹介いただいたんだけど、読んでよかった。
ほんとありがとう!









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド  山田 玲子
¥ 1,365  ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010/9/15)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

著名なビジネス書50冊を取り上げて解説したもの。

この本のいいところは三つ。

・著者の目線が、読書が苦手な人に優しい。

活字マニア、ビジネス書マニアという方ではないので、言葉も目
線もとてもやさしい。

著者ご自身は、仕事に忙殺されて流されてゆく自分を改めるため
に、ビジネス書を手に取られたのだそうだ。そして、生活は改善
された。

・古典、こりゃ読んでおくべきでしょ大御所本がきっちりライン
ナップされている。

最近私は、もう一度「7つの習慣」を読み直したいなあと思って
いたのだ。この本のおかげで、なんとなく読み返した気分。

ほか「チーズはどこへ消えた」「EQ」「道は開ける」「原因と
結果の法則」「人を動かす」「思考は現実化する」「自助論」。
ベストセラーもしっかり網羅。

・そんでいて、新しい本もちゃっかり取り上げられている。

古市幸雄さん、臼井由妃さん、神田昌典さん、勝間和代さん、和
田由美さん、池上彰さん、島田紳助さんまで。バラエティ豊か。
バランスがいいやね。

構成はこんな感じ。「7つの習慣」を例にご説明してみよう。

最初に四コマ漫画。本の内容をざっくりと紹介している。7つの
習慣の場合は「人間は自分のパラダイム(レンズ)で物事を見て
いる。パラダイムを変えると世の中が変わる。パラダイムシフト
を経験するには、自分を変えることが一番」

次、簡単なコメントとともに、著者が本を読んだ際にふせんをつ
けた箇所が引用される。

この場合は、人生を変える習慣7つが本書より抜粋されている。

主体性を発揮する、目的を持って始める、重要事項を優先する、
win-winを考える、理解してから理解される、相乗効果を発揮する、
刀を研ぐ。

そして、この方が本より学んだことのまとめが、飾りのない文章
でつづられている。

この方は「7つの習慣」を読んで、自分のパラダイム(レンズ)
のゆがみに気づかれたそうです。他者の立場を理解できるように
なり、身の周りのいざこざが減った。

最後に、本を読んで行うべきアクションが提示される。

「7つの習慣」から著者が学んだ、今後取るべきアクションとは、
「自分がかけているレンズに気づく」ということだそうだ。

漫画での大まかなまとめもわかりやすかったし、感想が書かれて
いるのが親しみやすいと思った。大上段からの論評でないのがう
れしいところ。


どこから読んでもいい。気になる本のページから開くのも可。気
が楽だ。

自分がこれまでに読んだ本を思い出して、著者の感想と比べてみ
るのもいいと思う。こういう学びがあるのかと、私自身、目から
ウロコの場面がたくさんありました。

お得!









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

軽くて深い 井上陽水の言葉







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

軽くて深い 井上陽水の言葉  齋藤 孝
¥ 1,575  角川学芸出版 (2010/4/21)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いろんな名言集を読んできたけど、これはまた、格別に新鮮で面
白かった。井上陽水さんの言葉を齋藤孝先生が解説したもの。

いわく陽水さんは「音楽界のニーチェ」なのだそうだ。独特の美
意識を持ち、ありきたりのことは言わない。その言葉は鋭く、異
彩を放っている。人と共振はするが、馴れ合うことはなく、どこ
か孤高の存在である。

齋藤さんが感銘を受けたのは、陽水さんがサングラスをかけてい
る理由をこう、答えたからである。

「たとえばいかがわしい場所で人間の道をきわめるため」

サングラス一つで、これだけ深い言葉をつぶやける人が、ほかに
いるだろうか。

「傘がない」という歌をご存知だろうか。「都会では自殺する若
者が増えている」という、あまりにもショッキングな歌詞で始ま
る歌だ。

だが陽水さんはこう歌い上げる。「だけど問題は今日の雨 傘が
ない 行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ」

この歌を、陽水さんは「天下国家より目先の女って歌ですから」
と語る。浅間山荘事件があったその年に発表されたこの歌で、彼
は政治よりも色恋だと語っている。ほかのミュージシャンとは、
別の角度から世の中の悲哀を見たわけだ。さすが。

いつも剥離し、隔絶はしない。こんなことも言っている。「逆
らってはいけない 合わさってもいけない」 奥田民生さんとの
共作「手引きのようなもの」の歌詞の一部。

私がいいなと思ったのは、こういった力の抜き方だ。

「(作曲も)ふすま貼りと同じ。一種の仕事にすぎない」「100
書いて、いいのが一つあるかどうかだから、いっぱい書くことが
大切」

日々の仕事に向き合ったとき、過剰な期待を抱き、そしてそれに
押しつぶされそうになることはないだろうか。

陽水さんの仕事は歌を作ること。クリエイティブな仕事なんであ
る。でもその仕事に対しても「淡々と、手馴れてくるまでこなす
しかない」とおっしゃっている。

りきみ仕事になって、かえってだめにしてしまうことがある。そ
うなりそうなとき、ふと思い出したい言葉だ。日々を淡々と、誠
実にこなすこと。

「大変な目に遭っている人は大体いいですね」

陽水さんは、その四十代を「真綿で首を絞められるような」気持
ちで過ごしたのだそうだ。がむしゃらに仕事をして、無理がた
たって倒れた。

精神的に病んでしまうのは困る。「兼ね合いですかね。でも四十
代には泣いていただかないと」 そこをくぐり抜けた強さ、しな
やかさというものが、後の人生に深みを与える。

苦労は買ってでもせよと言う。辛いことの後には、素晴らしい世
界が開けているとも考えられる。説教くさくはならず、さらりと
言えるのが陽水さんのすごさ。

あと、言ってみたいのがこの言葉だ。難易度が高そうだけど。

「謙虚、謙虚でやってまいりました」

四十周年スペシャルサンクスツアーで語られた言葉。人を食って
いて、なかなか味わいがある。陽水さんのあの声、しぐさで言う
から素晴らしいんだろうなあ。


齋藤先生の解説がまた面白かった。意味がなさそうである、あり
そうでよくわからない陽水さんの言葉を、こういう風に解釈する
のかと、気持ちが新たになる思いだ。

齋藤先生も、ふすま貼りの言葉がとてもお好きなのだそうだ。ご
著書を多く書けたのは、この言葉のおかげだとおっしゃっている。

力まず、こつこつ。凡人としてはぜひ、見習いたいところ。









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

1日が見えて ラクになる! 時間整理術!





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1日が見えて ラクになる! 時間整理術!  池田暁子
¥ 998  メディアファクトリー (2010/9/8)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大人気、池田暁子さんの自己啓発コミックエッセイ。

この方はこれまでにも、いろんなことに取り組み、成功させてき
た。汚部屋(足の踏み場がないほど汚い部屋のこと)から脱出、
お金を貯める方法、あと5キロのダイエット。

このたび時間管理に挑戦されるということで、楽しみに手にとっ
てみた。

編集者さんとの打ち合わせの場面から。

編集者さんが次回の約束を取り付ける。その際に、別の取材もあ
わせて行いましょうかと提案する。池田さんは驚いた。そんなこ
とができるものかと。

家からその場所までは、片道一時間がかかる。用事を同日にまと
めてしまえば移動時間がまるまる省けることになる。すごいお得。
池田さんはそう考えた。

以後、自分の時間を見直す作業を行ってみる。紙に書き出した。
無駄な時間が多い。しかも効率が悪い。

朝、顔を洗って体重を量って、ネットをつなぐとそのままうろう
ろ不要のページを眺めてしまう。友人からのメールがないかと、
何度もチェックすることもある。

池田さんはゴミ捨てが苦手だった。決まった曜日、決まった時間
にゴミを出すのが難しい。(ちょっとおかしいよな)

そこで、朝やることのセットにくっつけることにした。一連の流
れの中で、習慣化することに決めたのだ。慣れてしまうと簡単に
なる。習慣化。これが一つのコツである。

また、気負いだけはあるものの、仕事がまったく進んでいない状
況も自覚した。紙に書き出してみると、どれだけ無駄があるのか
がわかる。

紙の利用、書き出していくことは大切だ。仕事の進捗にも、この
方法を使うことに決めた。今やっている仕事を紙に書き出してゆ
く。途中でやめるときは、その旨、次にやるべきことも書いてお
くようにした。

こうすると、区切りが自分の中で生まれる。これまでだったら、
次何をやるべきか、自分がどこで止まっているのか、わからなく
ていらいらするばかりだった。

クリエイティブな仕事だ。アイディアに行き詰ることもある。そ
んなときは迷わず作業を中断することにした。気分転換に家事を
する。散歩をする。そうすると、新鮮な頭で取りかかることがで
きた。

そわそわし始める「サイン」を、自覚しておくことが大切。こう
することで、平日の昼間を仕事に集中することができるように
なった。

池田さんは今、落書き帳を「秘書」と呼んで身近に置いている。
仕事の進捗、次の予定、心がけることを書き込んでおく。予定の
可視化が重要だ。


ファンじゃなかったら、きっついなー、と思った。最初のハード
ルが低すぎる。用事をまとめることを思いつかなかったり、ゴミ
出しが苦手だったり(一日家にいる仕事なのに、という意味で)、
その辺は普通、クリアしてるやろ、と思うことから始まるのがき
つい。

しかし用事の可視化というのはいいと思った。その日やることだ
けじゃなくて、進捗を書き、ノートと相談するというのは、私も
よくやっている。確かにいい。

というわけなので、ファンの方はぜひどーぞ。









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

禅的シンプル仕事術







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

禅的シンプル仕事術  枡野 俊明
¥ 1,260  実業之日本社 (2010/5/8)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨年読んだビジネス書で、「減らす技術」というのがとてもよ
かったので、類似の本かと思って読んでみた。

ところがちょっと違っていて、どちらかというと、小池龍之介さ
んの著作に似ていると思った。小池さんも、この本の著者もお坊
さんである。

キーワード一つに対して解説あり。とても読みやすい。煮詰まっ
ているときにふっと開いて、気分転換ができそうな本だった。

・ていねいに呼吸する。

禅において呼吸は、最も大切な修行のうちのひとつである。丹田
(おへその下の辺り)に意識を集中させて、ゆっくり、長く細く
息を吐く。

吐ききったら自然に吸いたくなる。呼吸という言葉は、吸うより
も吐(呼)くという字が先に来ている。どっしりとした呼吸をく
り返していると、気持ちが落ち着いてくる。

・ためない

「一日なさざれば、一日食らわず」という言葉がある。働かざる
者食うべからず、という意味ではない。

一日を一生懸命働いて、その日の分の食事をする。二日分働くこ
とはせず、二日分食うこともしない。それが人間にとって、一番
健康なことだ。

・一日10分、ぼーっとする。

一度やってみてほしい。案外難しいことに気づくだろう。

何も考えない状態。禅では「無の境地」といい、この状態を得る
ために、僧侶は厳しい修行に取り組む。

私たちにその必要はないかもしれないが、頭を休めることは大切
なこと。座禅を組むのもいい。

・ことなる意見に耳を傾ける。

境内に僧侶が二人。幡(吹流し)を見ながら言い争っていた。

「幡が動いているのではない。風が動いている」
「いや、幡そのものが動いており、風は動いていない」

そこに現れた師が言った。「動いているのは風でも幡でもない。
お前たちの心だ」

世の中にはこれが正しいと、言い切れることはない。物の見方は
さまざま。すべてを一度受け入れ、自らの心に問い直してみよう。


レオ・バボータさんの「減らす技術」は、仕事をいかにシンプル
にするかという、ビジネス書寄りの本だった。その意味で「禅」
が本当に理解されているのか、疑問だったのは確か。

とにかくその作業に集中すること。無駄なものを削ること。

このことを荒削りに「ゼンっつったらゼンなんだからね!」と、
言い切ってしまっていたかもしれない、と今になってはわずかに
思う。

それに比べて今度は本当に「禅」だった。心構えを書いたもの。

字、大きめ、レイアウトがきれい。読みやすい。カバーデザイン
もシンプルで、ちょっと固めの手触りもよろしい。(本屋さんで
見つけたら、ぜひなでなでしてやってね)

忙しい毎日を送っている方に。










こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

自己信頼[新訳]







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自己信頼[新訳]   ラルフ・ウォルドー・エマソン
¥ 1,260  海と月社 (2009/1/26)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

帯にあった「オバマ大統領座右の書」という文句に惹かれて読み
始めた。薄い本だ。字も大きい。

著者のエマソンさんという人は、19世紀のアメリカに生きた思想
家なのだそうだ。牧師の職を得たものの、形骸化した教会の教え
についていけず、野に下って己の思想を追求した。

形式を否定し、個人の中に神を見ようとした。世間体よりも己の
信念に従って生きることを是とした彼の教えは、過激なものとし
て批判を浴びたこともある。

この「自己信頼」は、彼のそういった思想をまとめたものだ。
エッセイ、散文のような感じ。これまでにも何度か邦訳されてい
るが、現代人に向けたメッセージとして新な訳本が出された。

以下、いくつか文章を抜き出してみる。

・世間の中にあって大衆の意見に従うことはたやすい。ひとりで
いるなら、自分の意見に従うのは造作もないことだ。偉大な人と
は、たとえ群衆の中にあっても、一人のときと同じ独立心を保ち、
にこやかな態度で人と接することのできる人である。

・社会に服従することを拒めば、世間の不興を買ってむち打たれ
るだろう。だから人は他人の表情を見て、相手の機嫌をうかがう
ようになる。

しかし世の人々の渋面は、そのやさしげな表情と同様に深い理由
などない。それは風がふくまま、新聞の論調にあわせて浮かんだ
り消えたりする。

・草の葉や咲きほこるバラを見ると、自分が恥ずかしくなる。

我が家の窓の下で咲いているバラは、過去のバラや、もっと美し
いバラを気にかけたりはしない。

これらのバラはあるがままに咲いている。神とともに今日という
日を生きている。これらのバラに時間はない。ただ、バラという
ものがあるだけだ。

・自分以外のものに依存している人は集団におもねり、数を頼み
にするようになる。政党はひんぱんに集会を開き、若い愛国者は
自分が前より強くなったように感じる。

しかし友よ! 神はそのようなやり方ではなく、まさに逆の方法
によってあなたの中に宿るのだ。

外からの支援をすべて退け、一人立つときにのみ、人は強くなり、
権利を手にする。一人の人間は、一つの町より優れた存在である
はずだ。

他人には何も求めるな。そうすれば万物流転の世にあっても、あ
なたは唯一不動の柱として、周囲のものすべてを支えるようにな
るだろう。


世間からはみ出すことを恐れるな。堂々と個人であれ。

そうエマソンさんは説くが、といって孤立、孤独の人ではなかっ
たようだ。思想家とも交流を深め、生涯の友情を誓った相手もい
る。

流されず、個と立って人と交われ、ということか。

大統領が読んでいるというのもうなずける。リーダーには必要な
心構えなのかも。









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

誰のうえにも奇跡は降りてくる







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

誰のうえにも奇跡は降りてくる  はる
¥ 1,260  PHP研究所 (2010/6/17)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

著者のはるさんは沖縄のユタ。では、ユタとはいったい何なのか。
本書からその答えになる部分を引用してみたい。

「ユタは一般人と同じように生活し、一般人を相手に霊的アドバ
イスを行うことを生業とする在野のシャーマン、カンナギ。沖縄
の人の自警団。

パブリックな場所には存在せず、住民達の先生として地域に存在
し、先祖を祀るだけでなく、現在の生活の悪いところを指摘した
り、幸せの方向にいける方法を教えたりします」

霊的な存在であると同時に、俗世間的な問題にも通じる地域の相
談役のようなものであるか。集団の中に、こういう人を置くのは
古来からの知恵なのかもしれないな。

そんでもってこのはるさん、これまで16万人の人から相談を受け、
カウンセリングを行ったのだそうだ。伝説のユタと呼ばれている。

本書には、その経験から得た人生の知恵、処世術がまとめらえて
いる。女性向けのきらいはあるが、恋愛に偏っているわけでもな
く、誰が読んでもためになる部分はあると思う。

・女性の恋愛について

思い込みは捨てよう。「若くないから恋愛ができない」と悩む女
性が大勢いる。だが「男性は若い子が好き」というのは単なる思
い込みでしかない。

年下の彼とうまくいかなくて悩む女性に、「あなたからアプロー
チしてごらん」とアドバイスすると、たいてい、すんなりとうま
くいく。しっかりした男性は、大人の女性のよさを知っている。

・仕事について

男性社会である。女性はまずそのことを知り、うまく合わせた生
き方をしよう。先を見据え、ニコニコ笑っておなかを開かせ、ず
ばりと切り込んでいくのも一つの方法である。

会社での出来事はすべて「お仕事」。人との関係もお給料のうち
だ。仕事でも恋愛でも、最後に勝つのは人を見る人、相手の出方
を見定めることができる人。会話のキャッチボールを楽しみなが
ら、相手にしゃべってもらうことがうまく事を運ぶコツ。

・人生について

体を動かすと運気があがる。動いてから考えるのも一つの手。そ
の場合、失敗したらさっと方向転換する柔軟性も大切である。

運気には予兆がある。たとえば交通事故。事故を起こす前の行動
を見直すと、かすったり、石が飛んできたり、何かしらのよくな
いことが起きているとわかる。

予兆を早めにつかんで対処しよう。その際、悪いことのあとには
よいことがあるのだからと、恐れず希望を持ち、明るい心持でい
ること。

ネガティブな自分がいやになったら、その思考や行動を変えよう。
性格や性質を変えようと思ってはいけない。無駄だし、無理だし、
とても大変なことだからだ。口に出す言葉を変えるだけで、ずい
ぶんと多くのことが変化してゆく。

それでもマイナス思考が抜けない人は、これまでの自分に感謝し
て別れを告げよう。

マイナス思考に陥っていたのは、それなりの理由があることだし、
必然性があったこと。だがその自分はもう必要はなくて、新しい
自分に生まれ変わろうとしている。

一つの役が終わったと考えよう。「もういいの、これまでありが
とう」と言って、辛かった役目を捨ててしまう気持ちで。希望が
あれば人は死なない。


オーラを見る方法が紹介されている。手を壁にかざし、3D画像を
見るような感覚で手と壁、両方に焦点を合わせる。すると手の先
から見えてくるものがあるのだそうだ。

一瞬、その気になってやってみたけど、私には当然のように無理
だった。面白そうだとは思うんだけど。











こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

一生折れない自信のつくり方







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

一生折れない自信のつくり方  青木仁志
¥ 1,365  アチーブメントシュッパン (2009/11/25)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自己啓発にも流行というか、流れみたいなものがあるよね。最近
私はそんなことを考えている。

たとえば少し前までは、ナポレオンヒル型の「考えれば何でもか
なう」的なものが主流だった。バブル型と、私が(勝手に)呼ん
でいるものだ。

ちなみにその考えは最近になって、「引き寄せ」という言葉に置
き変えられるようになった。スピリチュアルテイストの香辛料を
ふりかけて、目先を変えて食わせようという魂胆だな。

でも世の中、念じていればすべてかなうかといえば、そうでもな
いとわかってしまうのがこの不景気の世の中である。念じてかな
わず、といって己のせいとしてしまうのは辛すぎる、無理すぎる。

そんなわけで、ここ最近は自己啓発にも「ネガティブな本音を受
け入れましょう」というものがぼちぼち出始めている。

ネガティブなことを考えるのは当たり前。それより自分が本当に
望んでいることを突き止め理解し、こつこつ目的を達成できるよ
う、がんばりましょう。ど根性!ではなく、脳の働きを生かして
成功を手にしましょうね……。

と、こういうのが今の流行なのかなあと、なんとなく考えている。

ん? 今日の本の紹介はまだかですと? ええかげんにせえと?

申し訳ないです。では結論から申し上げると、本日の本はバブル
型激飛ばし風自己啓発書であるわけです。背中が伸びるよ。

青木さんは恵まれない家庭で育ち、事業を興したものの借金を抱
えて倒産。金を稼ぐためにブリタニカに入社し、先輩社員から
「お前ならできる!」と告げてもらって自信をつけた。

だが、本当の自信は自分で手に入れるしかない。結局、自分の人
生は自分だけのものなのだ。結果を誰のせいにするわけにもいか
ないし、自分で切り開いていくしかない。

これを自覚したときに、全責任を負う覚悟が生まれる。すべてに
当事者意識を持ってあたれば、大きな成功はおのずから手に入れ
られる。家事も育児も仕事も、他人任せにはしない。

毎日同じことをすることで、メンタル面での強化ができる。

ある野球選手は、メンタルコーチに「毎朝同じ時間にランニング
をすること」と命じられたのだそうだ。辛い運動ではない。軽い
ものだが、毎日することが大切だと言われた。

こうすることで「毎日積み重ねてきた」という自信が生まれるの
だ。私たちはたとえば、朝早起きをすることから始めてみたらど
うだろう。

「一日一生」の気持ちで生きる。一日の質を高める意識を持とう。
やることを決め、それが達成できると小さな自信が積み上げられ
ることになる。

自信は四つ、会社に対する自信、職業に対する自信、商品に対す
る自信、自分に対する自信を持つこと。ときには息抜きをしなが
ら、ポジティブな気持ちを持ち続けよう。


自己啓発マニアには、特に目新しくこれはこれは!的なことはな
いと思う。だがといって、読んで激しく損をしたぞ!と憤るほど
のことも決してない。

気合を入れたいときにどうぞ。



















こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

すべては「前向き質問」でうまくいく







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

すべては「前向き質問」でうまくいく  マリリーG・アダムス
¥ 1,575  ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010/1/12)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「QT質問思考の技術」という本の改定、復刻版なんだって。

そちらは未読なのでわからないけど、今回読んだ「前向き質問」
は物語形式の自己啓発書だった。キャラクターがある分、読みや
すくわかりやすい。

テーマは「物事の見方を変えてみる」ということ。自分は何でも
知っている、答えられる、アンサーマンを自認するベンという男
性が成長していく物語だ。

ベンは転職したばかり。反抗的な部下のチャールズに悩まされて
いる。なんでもチャールズは、ベンが来たせいで昇進を見送られ
たらしいのだ。

仕事は行き詰っているが、妻に打ち明けることはできなかった。
弱みを見せるわけにはいかない。ベンは一人で苦しんで、ついに
辞表を書くところにまで追い詰められた。

そんなベンに、社長のアレクサが言い渡した。エグセクティブ・
コーチのジョセフに会いに行くこと。彼ならこの現状を打破して
くれるに違いない。彼女自身もジョセフには大いに助けられてい
た。

しぶしぶ訪れたベンに、ジョセフはこう言った。「質問で人生を
変えることができる。行き詰ったとき、別の質問をすれば、もの
の見方がすっかり変わり、新鮮な目で問題点を見つけることがで
きるようになる」

彼の部屋には変わった図があった。出発点は一つ。分岐が一つ
あって、そこで人は「学ぶ人」と「批判する人」に別れて道を進
むことになる。

さまざまな状況がある。問題がある。「学ぶ人」は何が起きてい
るのかと考え、私は何を望むのかと自らに問う。この状況から何
を学ぶことができるか、相手は何を考えているのか、そして私は
何ができるか、私が役に立てることは何か。

「批判する人」は別の考えをする。誰のせい? 私のどこがいけ
ないんだろう。彼の何が悪いんだろう。

人はいつでも、この二つの考えを行き来するものだという。「学
ぶ人」であり続けたり「批判する人」でい続けることはめったに
ない。

物事をよくしようと思ったら、自発的に意図的に、「学ぶ人」と
なることが大切である。

そのためにできることは、自分が批判的になっていないか、思い
こみを持っていないか、ほかにどんな考えがあるか、問うてみる
ことである。

ベンはまず、妻に向かった。妻は仕事の悩みを打ち明けてもらい
たいと考えていた。ベンが逃げてばかりだから、妻は不信感を募
らせてしまっている。

ベンは、「弱みを見せたら嫌われる」という思いこみが自分にあ
ることを悟った。そして、妻を批判するのではなく、自分が本当
は、妻と仲良く暮らしたいと考えていることを知った。

であれば、心を開いて打ち明けるだけだ。妻は受け入れ、感動し、
彼を支えることを誓った。夫婦とはそのようなものであると、妻
は考えていたようだった。

部下のチャールズに対してもある、自らの思いこみを整理してみ
ることにした。地位を奪った自分は、恨まれているのではないか。

問うてみると、チャールズは認めたが、といって遺恨に持っては
いないのだと答えた。彼とやりたいことも、やはりよいチーム
ワークを築いて仕事を進めていくことだ。ベンは心を開いて話し
合うことに勤めた。


「偉大な成果は偉大な質問から生まれる」

しかし人は批判的な思考に陥りがちなものである。それを認め、
偏見を持っていることを自覚すること。その上で物事を素直な目
で見つめ、状況を改善することのみに意識を集中すること。

そのようなことが書かれているようだ。巻末にワークブックあり。

ベンの妻、グレースが素敵な人だったので、二人の仲直りの場面
でほろりとしてしまった私。自己啓発書の読み方を、完全に間違
えている。













こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。