2010年10月28日

1分間の日記で夢は必ずかなう!







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1分間の日記で夢は必ずかなう!  今村暁
¥ 1,365  フォレスト出版 (2009/12/10)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日記を書くことで成功を手に入れられると著者は言う。なぜか。

書くことで自分の内面を見つめ、本当に望んでいることを明らか
にできる。真の欲求があれば、おのずから行動もついてくると、
そういうメカニズムであるようだ。

日記のつけ方はこんな感じ。

著者自身は、ノート自体はなんでもいいと考えている。しかし、
多くの実行者の声を聞いてみると、「高価なノートを使うと楽し
い」「自分でフォーマットを作ってプリントアウトしている」と
いうものが多かった。

自分が好きと思えるもの、楽しいと感じられるノートを選ぼう。

朝晩二回に分けて書く。朝は「夢、目標」「やりたいこと」の二
つ。そうありたいと願う未来を、なるべく具体的に書くように。

たとえば目標があって、それを年一回思い出す人と、月一回思い
出す人、どちらが成功する確率が高いだろうか。

もちろん月一回の方である。抱いている目標を、思い出す頻度が
高ければ高いほどいい。毎朝確認することは、とても大切なこと
なのである。

ちなみに、この目標は毎日変わってもかまわない。なぜなら日記
を記す目的とは、自分が本当に望んでいることを明らかにするこ
とだからだ。

最初からぶれない目標を持っている人なんて、そうそういないも
のだ。借りてきた他人の夢を、自分の夢とすりかえている場合も
多々ある。純粋に、自分が希望することを見つめなおそう。

やりたいことは、何でも書いて大丈夫。できそうにないこと、さ
さいなこと、気づいたらどんなことでも書きとめておくといい。

夜は「今日の出来事」「今日の感謝」「今日の成功法則」の三つ
を書くようにする。

いやなことを書いて、感情を浄化する手段に使ってもいい。また、
ほめられたことを書き並べて自分のモチベーションをあげるのも
いい。

「しなければならない」と思い続けるよりも、「ほめられたこと
を書く」だけで人は変わるのだそうだ。自分の日記なんだから、
少々ずうずうしくても、楽しいことをかけるといいのかな。

そして興味深いのが「今日の成功法則」。これはしかし、意外に
気にしている人が多いのではないだろうか。

ジンクスのようなものもあるかもしれない。本書で紹介されてい
るものでも、「柿を食べればやる気が出る」とか、「悲しいとき
は中島みゆき」とかいった例がある。

「手に触れた書類から片付けていく」「二度寝をやめるとスケ
ジュールがうまくいく」など、など。

生活の中で気づいたことを、夜の日記に書きとめていく。自然に
うまくいったときのパターンをくり返せるようになる。


これまで日記なんか続けたことがない。そんな人でも大丈夫なの
だそうだ。この日記を書くことで、人生がうまくいくのが実感で
きる、変わるのがわかる。

実行した人の中で、成功をつかんだ方も多い。

自分を見つめなおすというのは、やっぱり大事なんだなって思う。













こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あまり人とかかわりたくない」人のための心理学  齊藤 勇
¥ 1,260  PHP研究所 (2009/10/10)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「あまり人とかかわりたくない」人の心理を解き明かしていく本。
7つの章からなる。それぞれ、今時の「あまり人とかかわりたくな
い」人からの質問に答えるという構成になっている。

・私は内気で話下手。会議では緊張して、積極的に発言はしませ
ん。プライベートでも引きこもりがち。恋愛や仕事の機会に恵ま
れません。

このような人を内向的と分類する。自意識が高く、注意が内面に
向くことが多い。

外交的な人は意識が外側に向く。人と話していても「理解できた
かな」と、他者に考えが及ぶのに対し、内向的な人は「嫌われて
はいないだろうか」と、内側に向かう思考をする。

といって、性格を変える必要はあまりない。自分のことが気にな
るかもしれないが、他者はそれほど「あなた」に関心を持っては
いないのである。

内気な性格は穏やかであり、寡黙であり、言い換えると美点でも
あるのだから、自信を持って人に接すればいいのである。

・リアルよりもネットの方が話しやすい。私が本音を語るのは
ネットの中だけなんです。リアルな人間関係はどうしてもわずら
わしく感じられる。

人と話をするとき、私たちはその言葉だけではなく、表情からも
さまざまな感情を読み取ることができる。

表情が見えないネットの世界では、本音が語られるのは難しいと
考えるべきではないだろうか。ネットに依存するのは実は、本音
に触れたくないという心理があるのかもしれない。

また、ネット上の人格は美化されたものが多い。匿名であるとは
そういうことだ。同時に残酷なことも平気でしてしまう。生身で
付き合うほど、本音を語れる場ではないと心得るべき。

・ノリの軽い人が信頼できません。会社でもそういう人が評価さ
れているけど、人脈ってそういうものなの? 納得いかない。

こういう心理になるのは、「ノリの軽い人」によってあなたが不
利益をこうむっていると考えてしまうからだ。適当な人間関係だ
けで、上滑りの仕事をしているような気がしてたまらない。

だが、冷静に考えてみよう。その人が軽いからといって、あなた
に不利があるわけなど決してないのだ。

人を嫌いになることは誰にだってある。そういう相手を無理やり
好きになることは大変難しい。

すると、悪意を持って相手を見るようになってしまう。悪口を
言ったり、常に勝ち負けの意識を持つようになる。

好きになれないまでも、認めることくらいはしよう。共栄関係を
作るよう努めよう。

人間関係にも遊びは必要。好きな人ばかりでなくていいのだ。嫌
いな人がいることも認めて、それなりにうまくやっていくしかな
い。


アマゾンのレビューが面白かった。なるほど、と考えた。

確かにこの本は「リアルな人間関係こそ最高!」の視点で書かれ
たものなのだ。「あまり人とかかわりたくない」人なんて、ほん
とはいないんでしょ、というのが著者の本音だと思う。

なんとなく、未来はばら色の団塊の世代と、八方塞りの若い世代
の感覚の違いを見た感じがした。どちらがよい、悪いの話ではな
くて、ね。

しかし私自身は楽しく読めた。面白かった。気楽に読んで、気分
転換に役に立つ本。











こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

論語が教える人生の知恵






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

論語が教える人生の知恵  岡戸 妃里
¥ 945  PHP研究所 (2010/5/7)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

論語とは、中国の思想家、孔子の言葉を弟子がまとめたもの。今
から約2000年前、群雄割拠の春秋時代を生きた人の言葉だ。

この本は、論語の中の名言を集め、解説している。見開き1ペー
ジにつき、名言一つ。かわいいイラストが添えてあるので、読み
やすく、わかりやすい。

名言はそれぞれ、人付き合いのこつ、家族や日常を大事にする方
法、ビジネスシーンで役立つ名言、自己研磨に励むためのものに
分類されている。

超有名どころを一つ。

・巧言令色、鮮なし仁

鮮なし仁は、すくなしじん、と読む。お世辞、おべっかばかり
使っている人には真心がないと、そういう意味だ。そういう人が
幅を利かせる世の中を嘆いた言葉ととれるかもしれない。

同時に孔子は「徳は弧ならず、必ず隣あり」という言葉も残して
いる。徳のある人は孤立しない、必ず同調者が現れる。仁のある
人付き合いを心がけたいものだ。

・子曰く、これを愛して能く労せしむることなからんや。忠にし
て能くおしうることなからんや。

愛する人には苦労をさせなければ本当ではない。人に誠実であろ
うとすれば、道理を教えないではいられない。

大切な人だからこそ、苦しい思いをさせることがあるし、厳しい
ことも言わずにはいられない。馴れ合いのような関係では、互い
の成長は得られないのである。

・子曰く、速やかならんと欲することなかれ。小利を見ることな
かれ。速やかならんこと欲すればすなわち達せず、小利を見れば
すなわち大事は成らず。

先を急ぐな、急ぐと目的を果たせない。小さな利を求めるな、小
さな利にこだわると大事を成すことができない。

・子曰く、知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず。

物事の道理をよく知っている人には迷いがない、人を愛する優し
い人は、くよくよ悩むことがない、勇敢な人には恐れがない。

この三者の特徴を持つ者が、君子と呼ぶにふさわしい人間である
と孔子は述べている。

普段から正しいことをして迷わず、誠実に生きて悩まず、勇気を
もって人生を切り開いていく。そういう人間であれと言っている
そうだ。

・我が道は、一以って之を貫く。

孔子が考える之とは、忠恕、すなわち自分の良心に忠実であるこ
とだったのだそうだ。

誘惑ばかり、横道ばかりの人生で迷い、戸惑っても、最後に従う
べきは己の良心。背筋が伸びる言葉ではないか。


論語の言葉って、今でもよく小説とか漫画とか、はたまた上司の
お説教とか、ぽんと引用されることがあるよね。

義を見てせざるは勇なきなり(正しいとわかっていてできない者
は臆病者である)とか、十五にして学に志す、三十にして立つ、
とか。

一度読んでおくといろいろ役に立つことがありそう。














こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

悩みに効く! 希望のタネ50






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

悩みに効く! 希望のタネ50  佳川 奈未
¥ 1,470  PHP研究所 (2009/9/11)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

陥りがちな悩みに、佳川奈未さんが答える。抽象的ではあるが、
その分すべての人に当てはまるようで、けっこう真面目に読み込
んでしまった。

・自分が嫌いで仕方がないとき

そんなこともある。だけど他人とは別れられても、自分とは一生
付き合っていかなければならない。自分を嫌いになったとき、意
識して、あるいは無意識で、自分自身に意地悪をすることがある。

そっと鏡をのぞいてみよう。瞳の奥から叫び声がする。気づいて
ほしい。私はなんて、自分自身にひどいことをしたのだろうと。
自分を抱きしめてやって欲しい。

あなたが嫌っていたのは、幸せになれるのになろうとしなかった、
辛いだけの自分自身かもしれない。本当は素晴らしい価値がある
自分を、認めて愛する決心を。

・努力しても結果が出ないとき

本当に結果を出してしまう人は、努力したつもりだとは思ってお
らず言いもせず、ただ自分を全身全霊で出し切るのみに賭けてい
て、結果を不安げに待っている余裕すらないくらいだ。

・先に成功していく人を見て、焦りと不安が襲うとき

さくらが四月に咲き、ひまわりが七月に咲くからと言って、花た
ちは何も不安になっていない。自分を育ててやるべきことをやっ
ていたから。必然的に咲くこと、成功できることを知っているか
ら。

先を行く人があれば、辿るべき道がわかる。避けられる失敗もあ
る。焦りと不安に時間を使っている暇はない。自分もやるべきこ
とに集中する。それが成功への早道というもの。

・働いても働いても生活が楽にならないとき

人は、やりたいことや得意とすること、自分が好きな仕事につけ
ないことがよくある。無理や抵抗や拒絶や、よろこべないものが
あなたに警告している。何かを返る必要がある、と。

とはいっても、今の仕事や生活を簡単に変えられないというとき、
せめて心の中に違う感覚を持たせてみるということをやる。

「なんだかんだ言っても、この仕事のおかげで食べていくことが
できる」

その瞬間、心の中から一つ重いものが消える。自分の中が軽くな
ると、人生が楽に回り始めるようになる。

自分の気持ちをまず救うこと。それにともない生活全般が救われ
る。すべてはエネルギーの状態で、それなりの現象が現れるから。


なんか、自分のどす黒さをあからさまにするようで恥ずかしいの
だけど、まあ正直に言ってしまうと、希望乱発的適当カンフル剤
型目前人参美辞麗句方式の本かと、手にしたときは考えていたん
だ。(ファンの方ごめんなさい)

しかししかし、思ったよりもぐぐっと読み入ってしまう場面も多
く、心に残る言葉もたくさんあった。

悩みがインデックスみたいになっているので、気になる箇所から
読み始めるのもあり。CDつき、リラックスなさりたいときに。
















こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

幸も不幸もないんですよ







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

幸も不幸もないんですよ  小林正観
¥ 1,500   マキノ出版 (2010/2/15)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

おなじみ、小林正観さんの本。

・お金には魂があるよ。お金は上手に使ってもらって、人に喜ん
でもらいたいと考えている。貯めこむだけじゃだめ。ギャンブル
もお金に嫌われる。自分だけのためじゃなく、人のためになる使
い方を心がけよう。

・トイレ掃除は万難を排す。傾きかけた会社の社長さんが、トイ
レ掃除をがんばって危機を脱した例はいくらでもある。このとき、
社長さん自らが掃除をするのがコツ。

・3、5、8という数字には特別な力がある。昔から首都を「みや
こ」と呼んでいたのがいい例ではないか。また、徳川家の将軍に
してみても、3代家光、5代綱吉、8代吉宗がメジャーである。

暗証番号を0358にしてみると、口座残高が増えた人が続出。

・DVを受けている妻がいた。夫が暴力を振るうのだ。

先に言っておくが、小林さんは妻の非を問うつもりは一切ない。
暴力を振るう方が悪いと先に断言しておられる。

その上で「今日明日をとりあえず生き延びるために」、眉の形を
変えてみることを提案された。その女性はきりりとつり上がった
眉をされていたのだ。

女性は受け入れ、眉の形を水平に描き直してみた。優しい顔。以
後、夫の暴力はやんだという。いさかいが耐えない人は眉の形を
変えてみると、なにがしかの変化が生まれるかも。

・思い通りにならないことは数多くあるが、受け入れることが解
決の道であることもこれまた多数。

40歳になる娘が会社の上司と結婚したいと言い出した。お相手は
50代の男性、離婚歴、子供あり。困った母親が小林さんに相談に
みえた。

「娘は初婚なのに、これで幸せになれるものなのか」小林さんは
答える。「その人と結婚することが娘さんの幸せなのではないか。
家族の中で問題だと声をあらげているのはあなただけでしょう?
あなたが黙れば問題は消えてなくなるのではないでしょうか」

・久しぶりに家に帰った日、窓から見える小学校の庭の桜が満開
になっていた。たまたま帰った日が満開。幸せだった。

大井川鉄道に旅行に出かけた日も。暑くもなく寒くもなく、すば
らしい気候の中、一日を過ごせた。これもラッキー。

小林さんはこのような「不思議なラッキー」をノートに書きとめ
られているそうだ。一月に二つか三つほど、人に見せるわけでも
ないので気軽に、自分がよいと思えばそれでよい。そんなことを
書く。

書きためていくと、自分が幸運に恵まれ、天に愛されているのが
実感できる。前向きになれる。


「ゆほびか」連載のコラムをまとめたものだそうだ。読みやすい。












こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

考えない練習








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

考えない練習   小池 龍之介
¥ 1,365  小学館 (2010/2/9)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「考えるんじゃない、感じるんだ」

もともとは「燃えよドラゴン」の中の台詞らしいんだけど、私の
頭の中では岡田准一くんの声と顔で再生される。

ま、そんなことはどうでもいい。ベストセラー本のご紹介。

私たちは、自分が思っているよりも多くのことを考えている。た
とえば仕事の場で。

取引先の人と話をしながら、「ビール飲みたい」などと考えてし
まうことはないだろうか。それはつまり、聞いているふりをしな
がら、その行為に集中できていないということ。脳内でひきこも
りを起こしているのである。

そうなると、目の前の現実をクリアに受け入れることができなく
なる。充足感を得られないのはそのせいだ。自然の音、食べ物の
味、相手の言葉。それらを素直に受け入れられず、自分の考えに
こもっていると、生きている実感が薄れてしまう。

では、どうすればいいのか。

本当は瞑想をすればよい。だがそれができない場合には、自分の
心を冷静にチェックする癖をつけてみよう。

今、自分は何を考えているのか。目の前のことを楽しみたいのに、
邪魔している雑念は何か。

それがわかるようになったら、考えることをやめて感じるように
自分の心を「動かし」たい。具体例が以下、話す、聞く、見る、
書くなど、それぞれの動作に焦点を当てて説明されている。

聞く、の場合。「音→何の音だろう→○○の音だ→うるさいなあ」
こうなると、思考が連続して止まらなくなる。

「音→…」とすると、思考を止めることができる。音を拒否する
のではなく、ただありのままを受け入れること。

また、人はより強い刺激を求めてしまうものだ。いやな音を遮る
ためにipodなどを利用する人がいるが、逆効果だ。刺激がエスカ
レートするだけ。普段から刺激の強い音に頼らない心構えが大切。

書く/読む、の場合。ブログなどを書くとき、先に手書きで書く
ことをお勧めする。また、書きたいことが10あったら、実際に書
くのは3か4程度にしておく方がよい。

メールの心得も述べられている。一度書いて推敲するとき、自分
の欲や慢心が入っていないか気をつけよう。相手を責めるニュア
ンスがないかどうかもチェックしておくこと。

相手の自我を刺激しないというのが、人間関係のたしなみである。
「雨がうっとおしいです」などと感情をこめた言葉を書くより、
「雨が降って、少しずつ湿度が上がってきた部屋からメールを書
いています」とするほうが、受け取る側も楽である。


世の一切、目の前の出来事に集中し、よそ事を考えるな、とそう
いうことであるようだ。

相手の話を邪推なく聞き、恨みつらみをなくして事実だけを述べ、
食べるときはその味そのものに熱中し、子供に過度の期待も不安
も持たず、ただ受容し、愛する。

そうやって集中していると、この世は意外に楽しく、忙しいもの
であるようだ。














こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
http://www.mag2.com/m/0000176248.html
posted by momo at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

成功本はムチャを言う!?







興味深い一冊。
新書。安くてお手軽であり、
しかも字が大きいので読みやすい。

世の中には自己啓発、成功本の類があふれかえっているけれど、
だからといって世の中が成功者であふれているわけではない。

本を読むだけでは成功なんてできないのか?!

いや、違う。
本を書く成功者と読む人の間には個性の違いがあり、
成功者のマニュアルが誰にでも通用するとは限らない。

それにもっと深く考えてみると、
成功本を読んでうすぼんやりとした違和感を
感じられる方もいるのではないか。

これが成功なのか? オイラはこれで幸せになれるのか、と。

著者いわく、人にはそれぞれ、
何を大切にするかという価値判断の基準がある。
それによって何が成功か、幸せかが分かれる。

それらは大きく四つに分類される。

・目的達成傾向 
行動し、達成することに意義を見出す。
「やってみなければわからない」という思考。

・献身的傾向 
人のためになることがうれしい。
「何をしてあげられるか」を考える。

・評価的傾向 
理解できる、面白いと感じることが大切。
「無駄なことはしたくない」。

・親和的傾向 
調和が大切。
「みんなはどうか、タイミングはどうか」と考えがちだ。

成功本を書く人の大半は、目的達成傾向の強い人である。
目的を定め、達成していくことに意義を見出している。

これは勝ち負けがはっきりするアメリカ型の上昇志向なのである。
それをあなたは是とするだろうか。

否、そういう世界は好きではないと感じる方は、
別の成功パターンを模索する必要がある。

この本では、よくある成功本のパターンも分類しており、
現実的な解釈を加えている。

たとえば、ポジティブシンキングが大切という考え方があるが、
失敗はやはり失敗であり、
それを無理やり前向きに捉えるのは不可能だというのだ。

そうだよな。いったんは落ち込んで、認めることも大事だよな。

とはいえ、後ろ向きの本ではないのである。

成功本を手にあせっているあなた、そして私。
先に手にとるべきはこの本かもしれない。









こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
まぐ2.JPG

★blogランキングに参加しています★



posted by momo at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

私が一番受けたいココロの授業








著者はご夫妻で専門学校を経営されている。
その学校で、就職を控えた生徒さんたちに行う授業をまとめたもの。

成功者たちのいい話をたくさん例に出し、
社会に出て愛される「人財」を作ろうというもの。

いや、ほんま、ええ話ばっかりでっせ。私、泣きましたもん。

イエローハットの創業者である鍵山氏は、
創業当時、人材不足に頭を悩ませていた。

高度成長期である。
小さな会社には少々問題のある人ばかりやってくる。
そんな中、鍵山氏は一人でトイレの掃除に精を出した。

「言葉で説得する力は持っていなかった。
出社してくる社員の環境を整えようと思った。

きれいにしておくことが唯一、私が社員にしてあげられる
感謝の気持ちだと信じていたのです」

ホンダの創業者、本田宗一郎は、1953年、最新の機械を輸入した。
当時のお金で4億円。初任給が1万円という時代である。

本田氏はこう考えていた。
「会社はつぶれるかもしれないが、機械そのものは日本に残る。
日本の産業界に役立つはずだ」

そしてその機械を、従業員が壊してしまったとき、
本田氏は開口一番こう言った。

「ケガはないか?」

「機械は直せばいい。でも、人は手や足を切り落としてしまった
ら元には戻らない。ケガがないのが一番だ」

ディズニーランドのクルーは、
マニュアルを超えたサービスを行うことで知られている。

あるとき、男の子が園内を回って集めた
キャラクターのサイン帳を落としてしまった。

それを聞いたスタッフは、同じサイン帳を買い、
キャラクターのサインをもう一度集めて男の子に渡した。

後日父親から手紙が届き、

「あの子は難病で余命いくばくもない状態でした。
ディズニーランドに行った数日後に亡くなりました
が、最後まであのサイン帳をながめて、
『パパ、楽しかったね』と言っていました」


さまざまなエピソードを交えながら、著者が説く、
人が幸せに生きるための原則は、挨拶、掃除、素直、そして至誠。

横書き、話し口調なので読みやすいので、
新人研修などにも使えそう。

ちょっとした訓話に使えるねたも多いので、
ビジネスマンの方はぜひどうぞ。











こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
まぐ2.JPG

★blogランキングに参加しています★
posted by momo at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

脳が冴える15の習慣




わかりやすい文章、
最後にまとめがあるという親切な構成。

さすが脳が冴えている人が書いた本という感じ。
非常に読みやすいのでどなたにもおすすめの一冊。

その中で、興味深いものをいくつかピックアップしてみます。

・生活のリズムを整えることが脳を安定させる。

朝は決まった時間に起きて、足、手、口を動かそう。
散歩、掃除、ガーデニング、音読などが脳の準備運動としてはよい。

・集中力を高めるために、「試験を受けている」生活を。

実際にテストをするということではなく、
何かをするのに時間を区切ってやろうということ。
時間内に仕上げようという気持ちが集中力を高める。

・家事こそ「脳トレ」である。

面倒くさく思える雑用や家事は、
脳の司令塔である前葉等のトレーニングに最適。
仕事に行き詰ったときは、机の整理をしてみよう。
情報を整理するのに役立つ。

・意識して目や耳を動かす、使う。

人から話しかけられてぱっと反応ができない人は、
ラジオの言葉を書き取ったり、
散歩に出て外の光景を見るなど、目や耳からの刺激を取り入れよう。

・報告書、まとめ、ブログを活用する。

脳に情報を入力するだけでなく、出力することも大事。
また、出力する(人に伝える)ことを意識して
情報を入力することにもつながる。

・「たとえ話」を使って相手に伝える。

相手の立場に立って、わかりやすいように
情報を伝える訓練をすることで、脳は総合的に鍛えられる。


私が印象的だったのは、
「脳は楽をしたがるものだ。」という一節。

何も強制されない環境にあると、
原始的な機能である感情系の快ばかり
求めるようになるのが脳なのだそうだ。

意識して鍛えるということが大事なのだと
あらためて認識させられました。




こちらのブログがあなたのメールBOXに届きます。
平日日刊・メルマガだけの前フリも好評です♪
まぐ2.JPG

★blogランキングに参加しています★


posted by momo at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

コミック鏡の法則




ご存知、鏡の法則のコミック版。
女性向けの絵ですが、
きれいな絵なのでどなたでも読んでいただけます。

また、鏡の法則をより深く解説した
18のポイントが載っていて、この厚みで1000円は安いと思う。

まあ、それだけ売れると踏んでるんでしょう。

一応、鏡の法則のあらすじをご紹介。

秋山栄子は、トラック運転手の夫と息子、
三人の家族で暮らしている。
ある日、息子がいじめられていることを知って悩む栄子。

夫の紹介でコンサルタントの矢口に相談すると、
まず、栄子自身の問題を解決しましょうと言われる。

身近な人に感謝しているかと問われた栄子は、
父親とのわだかまりがあることを矢口に話す。

建設会社で働いていた父とは
うまくコミュニケーションがとれておらず、
ことあるごとに反発していた栄子。

矢口に言われたとおり、父への不満と感謝を紙に書き出し、
感謝の言葉を父に伝える。

父と和解し、実は父の姿を夫に投影して夫に不満を持っていたこと、父が栄子にしたように、
自分が息子を信頼していないことを栄子は知る。

それを知ったことから、少しずつ家族は変わり始める。

信頼していることを息子に伝えると、
息子に起こっていた問題(いじめ)が解決した。
夫にも愛情を伝えることができた。

こんな感じのお話。

許す、ということがテーマになっています。

解説はQ&A形式で書かれています。
きっと著者に寄せられた疑問のお手紙なんだろうな。

中に、「早速同じことを実行したのにだめでした」
というものがある。

著者は答える。
感謝の言葉や謝る言葉を伝えること自体を目的にし、
見返りは求めないでください。
相手がそれだけ傷ついている可能性があるのですから、
その弱さを受け止めてあげてください、と。

また、「どうしても親を許すことができない」という問いには、
許せない自分を許すことで、
親からの呪縛を解き放ってください、と言う。

自分の中にあるいやな感情を認め、吐き出し、
そして許すことで楽になろう、ということなのかな。

確かに、自省だけで何もかもうまくいくというの
はありえない理想論かも。

しかし、結局他人を変えることなんてできないのである。
少しでも自分から変わっていくことができれば、
環境も変わるのかもしれない。

鏡の法則、教えてあげたいけど、活字は苦手だしな。
そんなあの方にプレゼントされてみてはいかがでしょうか。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG



posted by momo at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵




知に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

さすが夏目漱石である。
理屈通りにいかない人生を、
この文章で見事にあらわしていると三十路の私は納得する。
中学生の頃に聞いたときは大して何の感動も受けなかったけど。

さてさて。

そんな住みにくい人の世には、
理想論だけでない人生の知恵が必要。
きれいごとだけではなく、
なるほど、と思わされる言葉が多い一冊です。

1ページにひとつの言葉と解説。

どこから開いてもいいので、一日のはじめに
気まぐれで言葉を拾ってみてもいいかもしれません。

・八方美人になる。
仲間内の主流を観察し、その場に溶け込むことが大事。
特に下っ端のうちはこのような態度でいることが必要である。

・わかりやすく、はっきりと話す。
難しい言い方をすればいいというものではない。
感じよく、伝わるように人に話そう。

・真実を上手に伝える。
ありのままを知らせることがいいこととは限らない。
誰かが辛い思いをする真実なら、和らげることも必要。

・世間が認めているものにけちをつけない。
ひとり意見を異にすると怪しまれるし、
まちがっていればばかにされる。

・胸のうちをあかさない。
自制して多くを語らないこと。
もらしたこと全てに対して
必ず代償を払うことになるからだ。

・愛情に執着しない。
愛情が深まりすぎると、敬意は薄れていく。
度がすぎれば侮りのもと、というわけである。

・斜陽の姿をさらさない。
何事も引き際が大事。
華のあるうちに引くことが重要だ。

たいていの自己啓発書では、八方美人にならない、
愛情を大切に、などと書かれていることが多い。
しかし、それだけでは大やけどをすることがあるのも人生。

大人向けの名言集です。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG



posted by momo at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

アウトロー100の言葉




名言集を読むのが好きだ。

人間って、時間がたってもたいして変わらないものらしく、
過去の人が言った言葉なんかに
すごい親近感を覚えてしまったりすることがあるからだ。

人生を自由に、そして闘って生きたアウトローだからこそ
言える言葉がある。
なかなか、普通の名言集と違って教訓くさい言葉は少ない。

常識外、命知らず、人格破綻。
今日はそんな言葉を100、厳選した一冊をご紹介。

「閣下の英語ももっと勉強したら上達しますよ。」 
白州次郎 実業家
戦後、GHQと対等に渡り合った白州次郎。
マッカーサーの側近にこう言い放ったというからすごい。

「オレは白い作業着を着たいんだ。」 
本田宗一郎 経営者
勲一等瑞宝章の授賞式に。天皇陛下の御前に出るので、
モーニングを着るようにいわれて。

「田山君、死んでいく気持ちはどうかね?」
 島崎藤村 小説家
死期の近い友人の枕元で。
「だれも知らない暗いところへ行くのだから、
単純な気持ちじゃないよ。」というのが、友人の返答。

「俺はずっと汚れ仕事をやらされてきたけど、
そんなこと気にしてねえよ。」
 
デニス・ロッドマン NBAプレーヤー
全身タトゥー、女装など、物議をかもした選手。
しかし、ゲームでは地味なリバウンドでチームの勝利に貢献した。

「私のおっぱいはいつも人助けをしてきたけど、
あなたは罪のない人を殺してきた。」

 チチョリーナ ポルノ女優、政治家
引退後、オサマ・ビン・ラディンにこう呼びかけた。

「地獄だろうね、多分。」 
エイブラハム・リンカーン アメリカ大統領
リンカーンの奥さんは悪妻で有名だそうだ。
上記の言葉は、結婚式に向かう途中で
「どこへ行くの?」とたずねられて、返した言葉。

面倒な(?)前書き、あとがきなし。
シンプルに名言がつづられています。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG
posted by momo at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

五つ星のお付き合い




おしゃれなイラスト、
装丁の自己啓発書をいろいろ出している山崎拓巳氏。
めんまじ、気くばりのツボ、道は拓ける、など、
出す本はよく売れているみたいです。

薄い本が多く、とても読みやすいので、
バッグに一冊いれておいて
気分転換にぱらぱらするのによさそう。

今回出された本は、
人間関係をズムーズにするためのコツが書かれています。

「大人になると、お付き合いの仕方は誰も教えてくれない」

帯にそう書いてありますが、実際そうかもしれないなあ。
そして、お付き合いが重要になってくるのも大人になってから。

それじゃあ、どうすれば五つ星のお付き合いができるのかしら?

初対面の人と打ち解けるためには、共通点を見つけてみる。
まず、聞き上手になって、
相手の話にはやや大げさな相づちをうってみよう。

そうして、話をどんどん引き出すうちに、
何かの共通点が見つかればしめたもの。

強烈な共通体験が見つかれば、
一気に打ち解けることができます。

さらに仲良くなるためには、合う回数を多くする。
最初に強引に話し込むよりは、「顔を見に来ました」と、
軽い訪問を何度も繰り返すほうがいい。

いい会話をコツは、「もっと教えて」。
わかったような気でいることでも、
聞いてみると新しい発見があるもの。

得てして、人に教えることはけっこう楽しいことなので、
相手の話も盛り上がるはず。

お付き合いが深くなったら、「おかげ」を大事にしましょう。

ありがとう、おかげさまで、助かります。
この言葉を口癖にする。
相手を尊重している気持ちが伝わります。

そうやってできた友達同士を合わせてみることも、
人脈を広げるのに役立ちます。

違う世界の友達を合わせることで、
今までとは違う顔を見ることができるかも。

うーん。
これだけできればいい営業マンになれそうだ。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG

posted by momo at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「並の人生」では満足できない人の本




「並の人生」では満足できない人の本。
うーん、けっこう挑戦的だなあと思うのは、
私が年をとったからか。

「並の人生」を送るのも案外と大変なことなんだと、
うすぼんやり悟ったときに
大人になったような気がする私です。

さて、ぼやきはおいといて。

どんな「並じゃない人生」なのかと思いきや、
それほど攻撃的な成功哲学書ではない。

今風の、ソフトな自己啓発書。
名言がたくさんちりばめてあって、
中にはきれいな写真のページがあります。
ぱらぱらっとみて、気分転換ができそう。

いくつか面白いエピソードを。

・自分を大きくしてくれる視野を持つ。

建設現場で働く3人の職人に、何をしているかきいてみた。
最初の人 「泥をこねてレンガを積んでいるのさ」
2番目の人 「木を切って長さをそろえて自給7ドルさ」
最後の人 「美しい大聖堂を作っているんだよ」

視野を大きく持って、高い意識のもとで仕事をしよう。

・いつの日かという日はいつまでも来ない

貯蓄額を増やすには、「いつかお金持ちになったら」
ではなく、たった今からはじめる。
入金があった時点で貯金に回してしまうのが一番いい。

・まずは遠くに大きな明かりを見つけること

はじめから細部にわたる計画をたてるよりも、
大きなゴールを設定してしまうほうがうまくいくものである。
なるほど。

・たとえ深刻な問題でも、わけないものにする方法

不安があるなら、最悪の事態を最初に想定しておくといい。
そうすると、たとえ最悪の状況になったとしても、
宇宙が吹き飛ぶほどのことはない。
たいしたことではない、と言い聞かせてみよう。

・多少風当たりが強くても踏ん張る

自分の人生の主役は自分。
そう信じて、自分の人生の脚本は自分で
書き綴っていかなければいけない。

気持ちのいい本です。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG


posted by momo at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

幸せ成功力を日増しに高めるEQノート




最近の自己啓発書の流行は、
ただひたすらにポジティブでいようというものでは
なくなっています。

むしろ、ネガティブな部分に焦点をあわせ、
どうして従来の自己啓発では成功できなかったのかを
分析する本がはやっているような気がします。

目標を達成するためにがむしゃらにがんばっているのに、
疲れ果てちゃって今ひとつ効果が出ない。

そんな方におすすめする一冊。

幸せになりたい。みんなそう思ってるのに、
どうして幸せになれないのか。
その原因を自分自身の中に探り、解決しようという本です。

幸せになるのを阻害している、自分の思い込みを
「ビリーフ」という言葉で表しています。

ビリーフとは、人間の心の奥にある思い込みのこと。
成功したいという気持ちがアクセルだとすると、
このビリーフはブレーキ。

たいていの人は、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるので
うまくいかないのだと言っています。

それでは、ビリーフとは具体的にどんなもの?

たとえば、挨拶したのに無視されてしまったとき。

「人に好かれなくてはいけない、嫌われてはいけない」。
こんなビリーフを持っている人は、
嫌われたと思ってすごく落ち込んでしまう。

それを、「人に好かれるに越したことはない」と言い換えることで、
軽く受け流せるようになります。

失敗が怖くて行動に移せない人を縛るビリーフは、
「いつも完全でなくてはならない」。

どんどん仕事を入れてしまう人は、
「楽しむべきではない」。

うまく断れない人は、「自分の気持ちを優先するべきではない」。

いろいろな人の例が出てくるので、
当てはまるものがいくつかあるかもしれません。

ビリーフは、誰でも複数持っているのが普通だそうです。

じゃあ、具体的に成功するにはどうすればいいのか。

それにはまず、自分の望む人生のビジョンを描くことが大事。

何でもオーダーしていいレストランに入って、
「じゃあ、何か温かいもの」と注文してしまう客。
「具体的に言っていただけないとお出しできません」
というレストラン。

これ、人生のたとえなんです。
何でも望んでいいのに、具体的には何も望んでいない私たち。
それが凡人であり、それも幸せではあると思うけど、
こういう風に表現されると、
「じゃあもっと具体的に人生に要求してみようか」
という気持ちになります。

具体的に、自分のビジョンを描く。

それに対し、実際に取り組んでいく目標を箇条書きにする。
また、それに自分のビリーフを書き込んでいく。

夫婦仲が良くなりたい、という目標に対して、
「私は配偶者に愛されなければいけないと思っている」。
これも立派なビリーフ。

これを、「愛されるとうれしい」と書き換えると、
ぐっと心が楽になりませんか?

タイトルにノートという言葉を使っている通り、
書き込むスペースがたくさんあります。
コピーして使うもよし、一冊いっぱい書きなぐるもよし。

書き終わる頃には、
目標の達成はぐっと近くなっているのではないでしょうか。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG


posted by momo at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

図解 幸せなお金持ちになる「確実な法則」ノート




1912年初版、
アメリカ生まれの自己啓発書の図解バージョン。

自己啓発書にはいろいろあるけど、
ナポレオンヒルほど力強くなく、
どちらかというとジェームズ・アレンのような、
哲学的で、ソフトな印象の成功哲学です。

まず、本書ではお金持ちになること=いいことと
考えを変えることが大事だと説いています。

十分なお金がなければ、
才能や精神を最高にまで昇華させることは不可能。
言えてるな。

資本や人脈は関係ない。
自分の考え方を変えることがまず最初にやるべきことです。

世界にはまだまだたくさんの富がある。
富が足りないから貧しい人がいるわけではない。
誰かから奪うことでお金持ちになるわけではないのです。

現在が貧しくても、
ほしいものを想像し、そのイメージを明確に持つこと。

こういうと、「そんなことで金持ちになんてなれるもんか」
なんて言われそうですね。

でも、「思考をすることは重労働で、
たいていの人間はそれを怠っているから貧しい」って言われると、
自分の身を省みてしまいます。

けっこうね、どの自己啓発書にも同じようなことが書いてある。
最初から貧しくて当然と思っていることが、
実は大きな問題なのかもしれないなあ。反省。

アメリカ人なので、キリスト教の考えがそこかしこに見られます。
清貧を説くキリスト教ですが、
「人を貧しくしておきたいと神が考えているというのは古い考え」
と一刀両断。

人が生きて、最高の人生を送り、
命を増やすことは神の意思にかなうことである。
そのために、お金がたくさんほしいというのは
決して矛盾しない、と著者は言っています。

また、貧しい人たちへの施しについては、
「ほとんどのチャリティーは、
それ自体が撲滅しようとしている悲惨な状況を長引かせるだけ」
と厳しい。
貧しい人たちに必要なのは援助ではなく、想像力である、と。

100年ほど前に書かれたのに、いまだに売れている本書。
内容も古くなく、私は好きな一冊です。




ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG



posted by momo at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

凛とした女になる姿勢セラピー   




見た目ってけっこう大事で、
他人を判断するときの基準の大部分を占めるそうです。

そうきくと落ち込んでしまうんだけど、
ちょっと年をとると、その見た目も案外と努力次第でなんとかなる、
「ゴマカシ」がきくことがわかってきます。

一番簡単で、しかもお金がかからないことって、
姿勢を正す、これなんじゃないでしょうか。

本の帯に、「姿勢の悪い美人はいない」とあります。
確かにそうかもしれない。
美人ときいて想像するあの人もこの人も、
ばっちり正面を見据えていますもんね。

こういう女性を「凛とした女性」と表現しています。
姿勢を正すことで、この凛とした美しさを
手に入れようというのが本書です。

美しくなるだけではない。
姿勢が悪いと、さまざまな悪影響が体に出てくるようです。

猫背のため、首まわりの血流が圧迫されて起こる目の疲れ、
頭痛、肩こり。
いつも決まった足を組んでしまうせいで起こる腰痛。
太ももの筋肉が弱ったり、かたくなるために起こる冷え性。

わー、心あたりありすぎ。

また、ダイエットだと「いつまでに何キロ」
という期間の目標がありますが、
姿勢をよくするのには期間はありません。

歯磨きをいくつまでしますか?というのと同じだそうです。
よい姿勢は一生涯を通じて意識していくものです。

実際に壁にもたれて立ってみての姿勢チェック、
よくするためのエクササイズも載っています。

何より、周りの人と協力して、携帯の写真でチェックしたり、
注意しあったりしましょう、というのがいい。

まず、意識を変えることが一番大事のようです。

パソコンサイト
http://www.shisei.tvから三日坊主にならないためのサポート
が受けられるそうです。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG
posted by momo at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学




月曜日、お仕事始めですが、
リラックスできる一冊を。

いろいろと自己啓発、成功哲学の本があって、
本書の内容もたいして目新しいものではありません。

ただ、コーヒー好きにはうれしい一冊かも。
気にあるあの人がコーヒー好きなら、
こんな本のプレゼントって喜ばれるかもしれませんよ。

成功のための言葉、格言みたいなのがまとめられてあって、
それぞれコーヒーにちなんだ説明がついています。

また、各章ごとにコーヒーの淹れ方や、種類、焙煎の仕方、
コーヒー好きの偉人などの薀蓄がのっています。
まるで「仕事の合間のコーヒーブレイク」みたいに。

それでは、いくつかの格言をご紹介。

*古い行動パターンを捨てる
一度使ったコーヒーの粉をもう一度使うことは
昔の恋人に会うことだ。

*チャレンジする
いっぱいのコーヒーを飲み干せば、
新しいコーヒーを手に入れられる

*チームの力を示す
いろんな味のコーヒーをブレンドすることで、
おいしい味を引き出すことができる。

*人との違いを楽しむ
コーヒーの豆と同じように、他との違いがあなたをユニークで
かけがいのないものにする。

と、まあこんな感じ。
全部が全部、コーヒーでまとめてるわけではないですが、
目立つものをピックアップしてみました。

装丁もオシャレ、素敵なカフェでリラックスして開くには
いい本ではないでしょうか。

簡単、シンプル、どこからでも読めるタイプの本ですが、
ポジティブな言葉を拾える本を持っておくの、私は好きなんです。




ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG


posted by momo at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

年収200万円時代 賢い女の「満足生活」




フリーライターの著者。
年収なんて何千万の世界から見下ろして、
ポジティブ世界を展開してたらぶっ飛ばすぞ、このやろう・・・
なんてちょっとひがんだ気持ちで手に取った私。

すさんでるなあ。

が、著者自身、保障なし、
低収入の時代をすごされたこともあるみたいで、
現実的な話が多くおもしろく読めました。

年収300万円時代なんて言葉が流行りましたが、
女性が一人で稼ぐのは、実際には男性よりも大変。
年収200万円で生活できる、というのが本書です。

リストラというと、中高年の男性が多いように思いますが、
実際に首を切られているのは女性の方が多いのだとか。

「ただ、女性は騒がず、静かに用意していた生活を始めるのだ」
というくだりが物悲しいけど、これが現実なんでしょうね。

ここにはいろいろな女性が登場します

パラサイトしながら、派遣社員で月収13万円で暮らす女性。
年収2000万円だけど、ストレスフルな環境で働く女性。
リストラされて、年金が出るまで
「虫のように息をひそめて暮らしていました」という女性。

フリーで働く著者は、
毎月定期的に収入のある会社員は絶対にいい、安心、といっています。
でも、その会社から首を切られたらどうしたらいいのか。

流行らないけど、
食べていくにはちょうどいいという居酒屋を開いた女性。
美容師になる夢を追いかける女性。

楽天的に生きることを提案してます。
確かに、お金は大事だけど、なければないなりに暮らせるもの。

著者には、実際にどれだけお金があっても
年収200万円で暮らせるという実感がある。

これで、かなり気が楽にいられるようです。
たしかに、これだけあればアレもできる、コレも買える、
というのも楽しいけど、
これだけあれば暮らせる、という実感を持つのは大事かもしれませんね。

私が一番印象的だったのは、
著者がマンションを購入したというくだり。

よく、賃貸と持ち家とどっちがお得か、なんて言われますが、
彼女は一刀両断。

年をとってから、住むところがあるのとなないのではぜんぜん違う。
女性が一人で生きていこうと思うなら、絶対持ち家。
年収150万円の私でも買えたのだから、と書いています。
うーん。私も家が欲しくなってきたな(と、遠い目)

一昔前なら、結婚すれば経済的には心配はない、
と思えたと思います。

でも、今はちょっと違う。

女性もお金のことには、家計の節約だけではなく、
どうすれば稼げるのか、生活できるのか、
どれだけで暮らしていけるのか、
考えるのも大事な時代になったみたいです。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG
posted by momo at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

幸運な人生を送るイタリア賢者の教え




点数で言うと、
(独断と偏見なのでご容赦くださいね)60点かな。

ストーリーは、中世のイタリア。
商人になって、「普通に食っていく」ために
大都市へ出ようとする少年。
旅の途中の森で、追いはぎに襲われていた老人を助けます。

その夜、助けてくれたお礼にと、
老人から人生の成功の知恵を授けられます。

夜の間、話し続ける老人と少年という設定で、
エピソードを交えて書いているので、読みやすく納得しやすい。

教えとはこんな感じ。

人生の困難と向き合え。
仕事は創造的にとらえる。
チャンスは一度しかない。しっかりつかまえる。
内なる好奇心に従う。
恐怖は人の心の中にしかない。

ここまでが第一部。

もっともな内容。
自己啓発書のなかでも、ベストセラーで高価なものに、
「地上最強の商人」という本があるけれど、
ちょっと似てるかなと思いながら読みました。

第二部には、大商人になった少年がかたる
「心得」がずらーっと書いてあります。

これも、格言としてはなかなか、というところ。
「失敗など存在しない、異なった成果があるだけだ」
こんなことが書いてある。

他の本と違うのが、この本には仕掛けがしてあるということ。
あるなぞかけがしてあります、というのですが・・・。




☆☆☆ここからネタばれ☆読みたい人は反転させてね。


少年は、老人に「聖書でいつも読んでいる」ということを言いますが、
「12世紀には聖書は一般の人間が読めるほど
普及していなかった。
よってこんなことはありえない」そうだ。

ということは、12世紀から語り伝えられた賢者の教え、
ということ自体がウソってこと?

「ね、これっておもしろいでしょ、おもしろいでしょ?」
みたいな感じなのかな、著者は。



ひらめき
あなたのメールボックスに、このブログが届きます。
平日日刊。
メルマガだけの「前フリ」も好評です♪


まぐ2.JPG

posted by momo at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。